コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バトリェ・イ・オルドニェス Batlle y Ordóñez, José

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バトリェ・イ・オルドニェス
Batlle y Ordóñez, José

[生]1856.5.21. モンテビデオ
[没]1929.10.20. モンテビデオ
ウルグアイの政治家。大統領 (在任 1903~07,11~15) 。バジェ・イ・オルドニェスとも表記される。近代ウルグアイの父といわれる。ウルグアイ大統領ロレンソ・バトリエ将軍の子として生れ,モンテビデオとソルボンヌ大学で教育を受けた。ウルグアイ二大政党の一つ自由党 (コロラド党) の指導者,ジャーナリストとして活躍。 1886年『エルディア』紙を発刊して国論を指導。 93年下院,96年上院議員に選出され,1903年大統領となったが,初めの2年間は対立するブランコ党の反乱を鎮圧しなければならなかった。 07年任期終了後外遊しスイスの政治組織を研究。 11年大統領に再選され,民主的な社会経済政策を断行し,ラテンアメリカで最も近代的な社会福祉国家を建設。 18年改正された憲法で権限が集中する大統領制を廃し,執政委員9名と,連続再選を認めない大統領から成る合議制の政治体制をつくりだした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バトリェ・イ・オルドニェスの関連キーワードウルグアイ史

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android