コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バドラーバティ Bhadrāvati

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バドラーバティ
Bhadrāvati

インド南西部,カルナータカ州中部の都市。シモガ東南東約 12km,バドラ川河畔に位置。近くに鉄,マンガン石灰岩鉱床があり,バドラ川の水力発電と相まって工業発展のための理想的立地条件をなし,都市計画に基づく近代都市となった。補助的な工業としては木炭,タール製品セメント,紙,煉瓦,メチルアルコール,白檀油などの製造がある。人口5万 5413 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android