コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白檀油 ビャクダンユ

大辞林 第三版の解説

びゃくだんゆ【白檀油】

白檀の心材を水とともに蒸留して得た淡黄色で粘稠ねんちゆう性のある油。淋病や膀胱カタルの薬に用いたほか、化粧品の香料などとする。サンタル油。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

白檀油の関連キーワードサンダルウッド油バドラーバティサンダルウッド膀胱カタルマイソール化粧品心材淋病白檀

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android