コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白檀油 ビャクダンユ

大辞林 第三版の解説

びゃくだんゆ【白檀油】

白檀の心材を水とともに蒸留して得た淡黄色で粘稠ねんちゆう性のある油。淋病や膀胱カタルの薬に用いたほか、化粧品の香料などとする。サンタル油。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

白檀油の関連キーワードサンダルウッド油バドラーバティサンダルウッド膀胱カタルマイソール化粧品心材淋病白檀

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android