コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バナナ共和国(読み)バナナきょうわこく

百科事典マイペディアの解説

バナナ共和国【バナナきょうわこく】

バナナなどの熱帯果実輸出や外国資本への依存度が高く,政治的に不安定な中南米などの小国を指す蔑称中米ホンジュラスを例にとれば以下のとおりである。19世紀末に米国の企業が同国の北部海岸に進出を開始。ユナイテッド・フルーツ(現,チキータ・ブランズ・インターナショナル),スタンダード・フルーツなどの3大企業が北部の土地の大半を所有するようになり,1918年には同国のバナナ栽培地の75%が米国企業の所有となった。バナナが輸出に占める割合も,1892年の11%が1913年には66%に増加。大手企業がそれぞれ特定の政党と結びつき,同国の経済・政治は米国のバナナ企業の利害に支配された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バナナ共和国の関連情報