コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バナバ茶 ばなばちゃ

1件 の用語解説(バナバ茶の意味・用語解説を検索)

食の医学館の解説

ばなばちゃ【バナバ茶】

バナバはフィリピンインドネシアなどの熱帯地方に生育する植物で、その葉を乾燥したお茶は、現地の人々に肥満や解熱、便秘(べんぴ)、利尿などに効く民間薬として利用されてきました。フィリピンでは医薬用植物に指定されています。
 日本に導入されたのは比較的新しいのですが、ダイエットや糖尿病への効果が期待され、よく知られるようになりました。
○栄養成分としての働き
 バナバ茶にはコロソール酸という成分が含まれています。細胞にブドウ糖が取り込まれるのを調整するブドウ糖輸送体というたんぱく質がありますが、コロソール酸はその活性化を強化します。ブドウ糖の吸収が阻害されるのでダイエットに有効ですし、血糖値上昇も抑制され、糖尿病予防にも効果があります。また血圧を調整するマグネシウムコレステロールの血管壁沈着を防ぐ亜鉛(あえん)、不足すると高血圧を引き起こすカルシウムなどが多く、生活習慣病の予防に役立ちます。

出典|小学館
食の医学館について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone