コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バナバ茶 ばなばちゃ

1件 の用語解説(バナバ茶の意味・用語解説を検索)

食の医学館の解説

ばなばちゃ【バナバ茶】

バナバはフィリピンインドネシアなどの熱帯地方に生育する植物で、その葉を乾燥したお茶は、現地の人々に肥満や解熱、便秘(べんぴ)、利尿などに効く民間薬として利用されてきました。フィリピンでは医薬用植物に指定されています。
 日本に導入されたのは比較的新しいのですが、ダイエットや糖尿病への効果が期待され、よく知られるようになりました。
○栄養成分としての働き
 バナバ茶にはコロソール酸という成分が含まれています。細胞にブドウ糖が取り込まれるのを調整するブドウ糖輸送体というたんぱく質がありますが、コロソール酸はその活性化を強化します。ブドウ糖の吸収が阻害されるのでダイエットに有効ですし、血糖値上昇も抑制され、糖尿病予防にも効果があります。また血圧を調整するマグネシウムコレステロールの血管壁沈着を防ぐ亜鉛(あえん)、不足すると高血圧を引き起こすカルシウムなどが多く、生活習慣病の予防に役立ちます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

バナバ茶の関連キーワードインドネシア語派タガログ語フィリピン海フィリピン海溝チャモロピリピノ語フィリピン海プレートフィリピン諸島フィリピン鷲フィリピン人と日本語

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone