コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バハオーフェン バハオーフェン Bachofen, Johann Jakob

1件 の用語解説(バハオーフェンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バハオーフェン
バハオーフェン
Bachofen, Johann Jakob

[生]1815.12.22. バーゼル
[没]1887.11.25. バーゼル
スイスの法律家,民族学者。バーゼル,ベルリンケンブリッジ,パリで学び,1841~45年はバーゼル大学ローマ法の教授。 42年以後バーゼル市の刑事裁判所判事。古典文献に造詣が深く,古代原始社会バンド社会の親族組織を研究し,古代文明の父権社会に先立つ母系制かつ母権制の存在を主張し,また原始乱婚制の問題を提起した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バハオーフェンの関連キーワードエーゼル島ヘーゼルモーゼル銃イーゼルジーゼルバーゼル法バーゼル交響楽団バーゼル室内管弦楽団バーゼルの喜びバーゼル放送交響楽団

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone