コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バハカリフォルニアスル州 バハカリフォルニアスルBaja California Sur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バハカリフォルニアスル〔州〕
バハカリフォルニアスル
Baja California Sur

メキシコ北西部の州。州都ラパスバハカリフォルニア半島の南半を占める。東のカリフォルニア湾側には海岸に迫って山脈が連なり,ラストレスビルヘネス火山 (1996m) をはじめとする火山が多い。西の太平洋側には北のオホデリエブレ潟湖から南端付近まで海岸平野が続く。 1887年連邦直轄地,1931年准州,74年州となった。メキシコで最も人口密度の低い州で,開発も遅れているが,近年南部のラパス周辺や中部の平野で,灌漑によりワタが大規模に栽培されるようになり,ほかにオリーブ,サトウキビなども産する。 19世紀後半以来フランス資本により開発されてきた北東部サンタロサリアの銅山は,現在規模を縮小し政府の補助金により操業されている。工業は綿加工,魚缶詰,製塩などに限られる。近年観光業が重要な収入源となっている。交通網は半島縦断道路が通るほか未発達であるが,海路,空路も含めて次第に整備,拡充されてきている。面積7万 3475km2。人口 31万 7326 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android