バハワルプール(英語表記)Bahāwalpur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バハワルプール
Bahāwalpur

パキスタン北東部,パンジャブ州,バハワルプール県の県都。サトレジ川 (インダス川支流) 左岸に位置し,サトレジ川東岸地区の政治,経済の中心地で,コムギ綿花などを集散する。 1960年代から大規模な石鹸工場,繊維工場,搾油工場などが建設されて,同国の一工業中心地。 1748年に太守バハワルプール1世が建設した都市で,城壁に囲まれ,太守の宮殿が残る。文教の中心地でもあり,博物館,パンジャブ大学のカレッジ,イスラミア大学などが立地する。人口 18万 263 (1981) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android