コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バハワルプール Bahāwalpur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バハワルプール
Bahāwalpur

パキスタン北東部,パンジャブ州,バハワルプール県の県都。サトレジ川 (インダス川支流) 左岸に位置し,サトレジ川東岸地区の政治,経済の中心地で,コムギ綿花などを集散する。 1960年代から大規模な石鹸工場,繊維工場,搾油工場などが建設されて,同国の一工業中心地。 1748年に太守バハワルプール1世が建設した都市で,城壁に囲まれ,太守の宮殿が残る。文教の中心地でもあり,博物館,パンジャブ大学のカレッジ,イスラミア大学などが立地する。人口 18万 263 (1981) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バハワルプールの関連キーワードラヒームヤルカーンバハワルナガルカネワールカーンプルシンド州ハク

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android