ババル・カルサ・インターナショナル

デジタル大辞泉プラスの解説

ババル・カルサ・インターナショナル

《Babbar Khalsa International》インドのパンジャブ州にシーク教徒による独立国「カリスタン」を建設することを目的とする過激組織。1978年結成。パンジャブ州、英国、カナダ、ドイツなどで活動する国際テロ組織。1985年発生の成田空港手荷物爆発事件(空港作業員2名が死亡)で、手荷物を持ち込んだ犯人は本組織のメンバー。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android