コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独立国 どくりつこくindependent state

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

独立国
どくりつこく
independent state

主権国家ともいう。国内事項の処理ならびに国際社会の他の構成員との関係において,いかなる外部の支配からも自由である国家。非自治地域従属国などに対立する概念である。国家は,その領域内のすべての人および物を支配する最高の権力を持ち,その組織,国民の権利,外国人の入国条件などを自由に定めることができる。また国家は対外的に他の国家との間で維持すべき関係についての決定権を持ち,条約締結外交使節の派遣および接受などを自由に行うことができる。言い換えれば,これらの事項を外部から命令されることなく,自由に行う地位を国際法上認められている国を独立国という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

どくりつ‐こく【独立国】

完全な主権を有する国家。国際法上の能力を完全にそなえた国際法主体。主権国

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どくりつこく【独立国】

外国の権力の下に服さない国家。完全な国際法の主体となりうる国。主権国。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

独立国
どくりつこく
independent country

完全な主権を有する国家で、国際法上、完全な国際法主体である。主権国家ともいう。国際法上、ある政治団体が国家といえるためには、国家を構成する要素として、永久的住民(国民)、明確な領域、政府、他国との関係を取り結ぶ能力(外交能力)の四つを備えていなければならない。とくに、4番目の外交能力は、具体的には条約締結権や外交使節交換権などの形で表れ、主権の属性として、この能力を外国との関係で制限されずに保持し行使できる国家が主権国家または独立国である。したがって従属国、被保護国など国際法上の能力を制限されている国家を半独立国、一部主権国などという。なお法的には独立国であっても、政治的・経済的に大国の支配の下にあって自立できない国を衛星国、従属国などの名でよぶ場合もある。[広部和也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の独立国の言及

【独立権】より

…日本国憲法前文(3段)の〈……政治道徳の法則は,普遍的なものであり,この法則に従ふことは,自国の主権を維持し,他国と対等関係に立たうとする各国の責務である……〉でいう〈主権〉は,まさに独立権と同じ意味である。このように,主権の一側面が独立権ということになるならば,〈外部の支配に従属しない〉国家のことを,主権国家といってもいいし,独立国といってもいい。主権国家は,条約および国際慣習を通じて,種々の権利・義務をもつ。…

※「独立国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

独立国の関連キーワードパッタニ・マレー民族革命戦線コーディネート派AntiguaBarbuda臥榻の側,他人の鼾睡を容れずイノブータンランド・すさみウィンドワード[諸島]イギリス領ホンジュラスニエレレ・ドクトリン国連でのパレスチナバッファーステート南太平洋フォーラムイノブータン大王アフリカ諸国会議アフリカ開発銀行パンジャーブ問題バントゥスタンコモンウェルスイギリス自治領ボルネオ[島]東パキスタンソロモン諸島

独立国の関連情報