コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外国人技能実習制度

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

外国人技能実習制度

途上国への技能や知識の移転を目的に1993年にできた。現在は機械繊維、建設関係など74職種で約21万人を受け入れている。安価な臨時労働者として扱われるため国際社会から「強制労働」との非難が高まり、今国会で制度の適正化を進め、併せて介護を職種に加える関連法が成立。来年11月までに施行される。

(2016-12-05 朝日新聞 朝刊 2総合)

外国人技能実習制度

途上国に日本の技能や知識を伝える「国際貢献」を掲げ、1993年に始まった。法務省のまとめでは今年6月末現在の技能実習生は25万1721人。農漁業や建設業などのほか、11月からは介護が加わり、計77職種で実習が可能になる。ただ、国内外から実態は安価な臨時労働者確保の手段だとの批判もある。受け入れ団体や企業による賃金不払いや長時間労働などの違法行為も相次いでおり、同省は昨年、239の監理団体や企業などで不正行為を確認した。

(2017-10-31 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

がいこくじん‐ぎのうじっしゅうせいど〔グワイコクジンギノウジツシフセイド〕【外国人技能実習制度】

研修・技能実習制度

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

外国人技能実習制度
がいこくじんぎのうじっしゅうせいど

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

外国人技能実習制度の関連キーワード技能実習制度途上国研修

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外国人技能実習制度の関連情報