コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バラオ Balao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バラオ
Balao

エクアドル北西端部,太平洋岸のエスメラルダス州の石油積出港。州都エスメラルダスの西に接する。 1970~72年,アマゾン川上流域のナポ州の豊かな油田が開発され,そこからアンデス越えの石油パイプラインが敷設されたが,その太平洋岸の終点。 72年8月に送油を開始した全長約 500kmの同パイプラインは世界で最も高いところを通るパイプラインの一つで,アンデス越えの最高点は標高 4000mをこえる。 10万t級のタンカーが入港可能で,海水汚染防止の設備も完備。沿岸には製油所も建設されている。港湾設備とパイプラインはアメリカの石油会社が建設したが,1980年代後半にエクアドル政府が主導権を回復した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バラオの関連キーワードアマソナス地方アンダーソンコーンムニ

バラオの関連情報