コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バラショフ Balashov

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バラショフ
Balashov

ロシア西部,サラトフ州の都市。州都サラトフの西約 190kmにあり,ホピョール川にのぞむ。 18世紀後半につくられた町で,地方の小都市として発展。現在,軽機械,雲母加工,繊維 (オーバー生地) ,食品などの工場が立地する。教育大学がある。交通の要地で,鉄道,ハイウェーが分岐する。人口9万 7300 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android