コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バラノプス Balanops

世界大百科事典 第2版の解説

バラノプス【Balanops】

ニューカレドニアを中心に南太平洋の島々に約9種を産し,ブナ科の殻斗に似た構造をもつことで注目されたこともあるバラノプス科の樹木。常緑高木。葉は2型あり,枝の基部のは鱗片状で,普通葉は枝先に輪生状につく。雌雄異株。花は小さく目だたない。雄花は短い尾状花序をなし,数本のおしべがあり,花被はごく痕跡的か,またはない。雌花は単生し,基部は多数の鱗片で包まれている。子房は2~3室に不完全に仕切られ,同数の長い花柱がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バラノプスの関連キーワードニューカレドニアカポール盤竜類

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android