コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バリノマイシン valinomycin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バリノマイシン
valinomycin

放線菌から得られる抗生物質の一種で,[ (D-バリン)-(L-乳酸)-(L-バリン)-(D-α-ヒドロキシイソ吉草酸) ]3 という 12個の単位が環状につながっている。抗生物質としてはグラム陽性菌に有効である。高等生物に作用させると細胞膜やミトコンドリア膜のカリウム透過性を選択的に高めるので,イオン輸送などにおける研究手段としてしばしば用いられる。バリノマイシンの輪が膜に入り込んでチャンネルを形成し,そこを,大きさの合致するカリウムイオンが通り抜けるものと考えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

バリノマイシン

 イオノホアの機能をもつ抗生物質.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

バリノマイシンの関連キーワードイオン選択電極放線菌

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android