コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バリローチェ Bariloche

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バリローチェ
ばりろーちぇ
Bariloche

アルゼンチン中西部、リオ・ネグロ州南西部の都市。正称はサン・カルロス・デ・バリローチェSan Carlos de Bariloche。アンデス山脈東麓(とうろく)のナウエル・ワピ湖南岸、標高800メートルに位置する。都市圏人口10万7032(2001)。ナウエル・ワピ国立公園の中心地であり、また、パタゴニア地方における最初のイエズス会宣教師マスカルディ神父の布教の拠点として、1943年史跡地に指定された。[今井圭子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

バリローチェの関連キーワードサンカルロスデバリローチェナウエル・ワピ湖

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android