コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バリローチェ Bariloche

デジタル大辞泉の解説

バリローチェ(Bariloche)

アルゼンチン中西部、リオネグロ州の観光都市。正式名称はサンカルロス‐デ‐バリローチェ。スイス移民の開発したスイス的な景勝地。ナウエルワピ湖に面し、カテドラル山をはじめ2000メートル級の山々を望む。同国最大のナウエルワピ国立公園の観光拠点。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バリローチェ
ばりろーちぇ
Bariloche

アルゼンチン中西部、リオ・ネグロ州南西部の都市。正称はサン・カルロス・デ・バリローチェSan Carlos de Bariloche。アンデス山脈東麓(とうろく)のナウエル・ワピ湖南岸、標高800メートルに位置する。都市圏人口10万7032(2001)。ナウエル・ワピ国立公園の中心地であり、また、パタゴニア地方における最初のイエズス会宣教師マスカルディ神父の布教の拠点として、1943年史跡地に指定された。[今井圭子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

バリローチェの関連キーワードサンカルロスデバリローチェナウエル・ワピ湖