コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バリローチェ バリローチェ Bariloche

2件 の用語解説(バリローチェの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

バリローチェ(Bariloche)

アルゼンチン中西部、リオネグロ州観光都市。正式名称はサンカルロス‐デ‐バリローチェスイス移民の開発したスイス的な景勝地。ナウエルワピ湖に面し、カテドラル山をはじめ2000メートル級の山々を望む。同国最大のナウエルワピ国立公園の観光拠点。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バリローチェ
ばりろーちぇ
Bariloche

アルゼンチン中西部、リオ・ネグロ州南西部の都市。正称はサン・カルロス・デ・バリローチェSan Carlos de Bariloche。アンデス山脈東麓(とうろく)のナウエル・ワピ湖南岸、標高800メートルに位置する。都市圏人口10万7032(2001)。ナウエル・ワピ国立公園の中心地であり、また、パタゴニア地方における最初のイエズス会宣教師マスカルディ神父の布教の拠点として、1943年史跡地に指定された。[今井圭子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バリローチェの関連キーワードナウエルワピ国立公園アコンカグアアルゼンチン蟻アルゼンチンタンゴカテドラル山プエルトイグアスリオガジェゴスアルゼンチン・タンゴサン・ジョゼ・ダ・バラ・ド・リオ・ネグロリオ・ネグロ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バリローチェの関連情報