コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バリ族 バリぞくBari

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バリ族
バリぞく
Bari

南スーダン南部,ジューバ付近の起伏の多い草原に住むナイロ=ハム語系諸族の一民族。人口約 70万と推定される。ウシ牧畜は重要であるが,アラブ人の略奪による家畜の減少のため,農業が主体となっている。主作物は雑穀類。社会は専門的な猟師鍛冶屋,漁師などの世襲的な階層と,約 150の自由民の外婚制父系氏族に分かれる。年齢集団は村の段階で組織され,軍事的な重要性は低い。豊穣を保証する呪術を行なうためにかなりの影響力をもつ雨乞い師,土地の割り当てを行なう大地の祭司などの世襲的役職や,富裕者など多くの有力者が認められるが,首長制のような集権的な政体はない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

バリ族の関連キーワードナイロ=ハム語系諸族ハム語系諸族マディ諸族バリ[島]ヌペ族

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android