バリ海峡(読み)ばりかいきょう(英語表記)Selat Bali

日本大百科全書(ニッポニカ)「バリ海峡」の解説

バリ海峡
ばりかいきょう
Selat Bali

インドネシア中南部、ジャワ島バリ島との間の海峡インド洋とジャワ海を結ぶ。長さ約20キロメートル、幅1.6~5キロメートル、水深40~60メートル。南部は湾状で比較的広いが、北部は狭小である。海峡に臨む最大の港はジャワ島のバニュワンギ。こことバリ島のギリマヌク間に定期船が就航している。

[上野福男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「バリ海峡」の解説

バリ海峡
バリかいきょう
Selat Bali

インドネシアのジャワ島とバリ島との間にある海峡。インド洋と,ジャワ海南東縁のバリ海を結ぶ。水深は 200m以下。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android