バルカ(英語表記)Valka

デジタル大辞泉「バルカ」の解説

バルカ(Valka)

ラトビア北部の都市。エストニアとの国境に位置し、もともとエストニア側のバルガと一つの都市だった。13世紀にリボニア帯剣騎士団とタルトゥ司教領の間で境界が定められ、17世紀から18世紀にかけて、スウェーデン、ロシア統治の下で統合。第一次大戦後のバルト三国独立時に領有問題が発生したが、英国仲裁のもと分割された。2004年のEU(欧州連合)加盟後は再び人々の自由な往来が可能になっている。15世紀以前の創設のルガジ教会、20世紀初頭に建てられたバルカ唯一のアールヌーボー様式の建造物(現在は警察署)などがある。

バルカ(Barka)

オマーン北部の町。首都マスカットの北西約50キロメートルに位置し、オマーン湾に面する。アルヤルービ朝およびブーサイード朝時代に築かれたバルカ砦がある。闘牛織物が有名。近隣のサワディ岬周辺は海岸保養地として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のバルカの言及

【キレナイカ】より

…リビア東部,地中海とエジプト,スーダン,チャドの国境に接する地域をさし,今日ではリビアのベンガジ州にあたる。アラビア語ではバルカBarqa。州都はベンガジ。…

※「バルカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android