コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルデマー[1世] Valdemar I

世界大百科事典 第2版の解説

バルデマー[1世]【Valdemar I】

1131‐82
デンマーク王。在位1157‐82年。バルデマール1世ともいう。父クヌット殺害直後に出生,有力豪族のもとで養育された。1147年スリースウィー公となり,さらに57年対立するスベン3世を破り,1131年に始まる内戦を終わらせた。対外的にはウェンド人攻撃を積極的に行う一方,国内政策では大司教アブサロンら有力者の協力を得て,教会との提携,王権の伸張に努力した。父クヌットの列聖と息子クヌット(後の6世。在位1182‐1202)の父に続く戴冠はバルデマーの世襲王権強化に役立った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のバルデマー[1世]の言及

【デンマーク】より

…クヌットの姉エストリドの子スベン2世Svend II(在位1047‐74)は,その統治期間中に現代のデンマークにつながる内政的秩序を打ち立て,後の王はなんらかの形で彼に血統をさかのぼらせることになる。彼の孫の代で王位をめぐる内戦状態に入り,1157年バルデマー1世が唯一の王となり,内戦を終結させた。バルデマー1世はランスティング(国民集会)の同意を条件に王位世襲の原則を確立した。…

※「バルデマー[1世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

バルデマー[1世]の関連キーワードトヨペットSAのサスペンショントヨタ2000GTのブレーキトヨタクラウンオートドライブラモン・ベレンゲール[3世]天承ラモン・ベレンゲル3世(大王)大沼国定公園ウマルハイヤーム雲巌寺川崎大師