コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルト族 バルトぞくBalt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バルト族
バルトぞく
Balt

バルト海東岸地方に居住し,バルト語を使用するスラブ系諸民族の総称。絶滅した少数民族と,リトアニア人ラトビア人などを含む。ポーランドと連合して独自の言語・文化圏の維持をはかったリトアニア人に比べ,ラトビア人はドイツ騎士団や隣接列強の進出と支配を受けた歴史が長い。ロシア,ソ連の統治を経て,今日ではリトアニアとラトビア両国を構成している。バルト族は伝統的に農耕民族であり,特にラトビア人は牧畜もあわせて行なってきたが,現在は工業の発展とともに織物生産が盛んである。文化的にはゲルマンとスラブの影響を受け,民話などの口承文芸が伝えられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

バルト族の関連キーワードランゴバルド王国白金族元素プロシア人白金

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android