コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農耕民族 のうこうみんぞく

1件 の用語解説(農耕民族の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

農耕民族【のうこうみんぞく】

食料採集の段階から進み,農耕を主生業とする民族。掘棒をおもな農具とする掘棒耕作民はメラネシア中央アフリカの原始林地帯,南アメリカの熱帯森林地帯に分布。鍬(くわ)使用の農耕民を耨耕(じょっこう)民と呼び,その分布は狭くアフリカ東南アジアの一部である。
→関連項目祖先崇拝

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

農耕民族の関連キーワード購買者の準備段階チャネルの段階骨角器農業生業アンウントフュールジッヒ採集狩猟文化農耕牧畜文化バリュクの段階法則バールックの段階法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

農耕民族の関連情報