コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農耕民族 のうこうみんぞく

百科事典マイペディアの解説

農耕民族【のうこうみんぞく】

食料採集の段階から進み,農耕を主生業とする民族。掘棒をおもな農具とする掘棒耕作民はメラネシア,中央アフリカの原始林地帯,南アメリカの熱帯森林地帯に分布。鍬(くわ)使用の農耕民を耨耕(じょっこう)民と呼び,その分布は狭くアフリカや東南アジアの一部である。
→関連項目祖先崇拝

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

農耕民族の関連キーワードアンゴラ(アフリカ)北海道旧土人保護法戦争(war)エロティシズムゲルマン民族伊谷 純一郎プエブロ族じゅうたんジョス高原ベイジョーアニミズム動物文学乳糖不耐征服王朝バルト族長城地帯性器崇拝中国文学プナン族末子相続

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

農耕民族の関連情報