コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルバカン Barbakan

デジタル大辞泉の解説

バルバカン(Barbakan)

ポーランドの首都ワルシャワ旧市街にある赤れんが造りの円形状の砦(とりで)。16世紀に造られたもので、火薬庫や牢獄として使われたことがある。第二次大戦で破壊され、戦後に復元。1980年、「ワルシャワ歴史地区」として世界遺産(文化遺産)に登録された。
ポーランド南部の都市クラクフ旧市街北端部にある赤れんが造りの円形状の砦。隣接するフロリアンスカ門の防備を目的として、15世紀末にゴシック様式で建造。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

バルバカンの関連キーワードポーランド

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バルバカンの関連情報