コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バレエ・コミック・ド・ラ・レーヌ Ballet comique de la reine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バレエ・コミック・ド・ラ・レーヌ
Ballet comique de la reine

バレエ作品。「王妃のバレエ・コミック」。アンリ2世の妃カトリーヌ・ド・メディシスの命により,ジョアイユーズ公とマルグリット姫の婚約を祝うために,1581年パリのブルボン宮でバルタザール・ド・ボージョアイユの演出で上演された宮廷バレエバレエの名を冠した史上最初の作品といわれる。ギリシア神話の一つ,ユリシーズキルケからの脱出譚に基づく一貫した筋をもち,踊りをはじめ独唱,合唱,朗唱,器楽演奏などを含む総合的な舞台で,夜 10時から夜明けの3時半頃まで続き,1万人余の観客が観劇したという。フランスの威信と富力を誇示するようなこの大スペクタクルはヨーロッパ中の宮廷に喧伝され,まねる宮廷が多かった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android