コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バレンシアの大聖堂 バレンシアのだいせいどう

1件 の用語解説(バレンシアの大聖堂の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

バレンシアのだいせいどう【バレンシアの大聖堂】

スペイン東部の地中海に面した港町バレンシア(Valencia)にある大聖堂(カテドラル)。◇聖母マリアに捧げられたもので、正式名称は「サンタマリア大聖堂」。スペインのカテドラルとしては中程度の規模である。13~14世紀に、かつてのモスクイスラム礼拝堂)跡に、ゴシック様式の聖堂として建てられたが、その後も改築・増築が続けられたことから、後世のバロック様式新古典主義様式も混じっている。ファザードの完成はもっとも遅く、1703年である。聖堂の隣にあるミゲレテの塔は、1420年に完成した八角形でゴシック様式の高さ70mの塔で、螺旋(らせん)階段を使って上ることができる。塔の上からはバレンシアの市街が一望できる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バレンシアの大聖堂の関連キーワードバレンシアロドリーゴマラゲーニャアルブフェラ湖コスタブランカネルハバレンシア大聖堂ペニスコラマリョルカ[島]バレンシアのラ-ロンハ-デ-ラ-セダ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone