コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バレンシアの大聖堂 バレンシアのだいせいどう

世界の観光地名がわかる事典の解説

バレンシアのだいせいどう【バレンシアの大聖堂】

スペイン東部の地中海に面した港町バレンシア(Valencia)にある大聖堂(カテドラル)。◇聖母マリアに捧げられたもので、正式名称は「サンタマリア大聖堂」。スペインのカテドラルとしては中程度の規模である。13~14世紀に、かつてのモスク(イスラム礼拝堂)跡に、ゴシック様式の聖堂として建てられたが、その後も改築・増築が続けられたことから、後世のバロック様式や新古典主義様式も混じっている。ファザードの完成はもっとも遅く、1703年である。聖堂の隣にあるミゲレテの塔は、1420年に完成した八角形でゴシック様式の高さ70mの塔で、螺旋(らせん)階段を使って上ることができる。塔の上からはバレンシアの市街が一望できる。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android