コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンク(角)の維持 バンク(かく)のいじ

1件 の用語解説(バンク(角)の維持の意味・用語解説を検索)

パラグライダー用語辞典の解説

バンク(角)の維持

普通、グライダー飛行機は旋回の為に機首を傾けると操舵装置を元の位置に戻しても傾けたバンク角を保ち続け、旋回を続けようとする。これに対しパラグライダーは旋回をする為に左右どちらかのブレークコードを引き旋回に入るところは同じであるが、ブレークコードの引きを止めると旋回も戻ってしまい、直線飛行になってしまう。旋回を続ける為にはブレークコードを引き続け、バンク角を維持しなければならない。サーマルを掴むために左右どちらかの旋回を行っていたとする。普通、サーマルは翼の内側にあり、そのサーマルが強いと、内側の翼が弾かれ、バンク角が減りサーマルの外にはみ出てしまう事がある。バンク(角)を一定にするにはサーマルから弾かれないようにウエイトシフトと内側のブレークコードをたくみに使い操縦しなければならない。サーマルソアリングなどでバンク角をつけて旋回していると外側の翼が先行して走り、バンク角が増し、スパイラルのような状態になろうとする動きがある。この動きを止めたり、或いは防止するために外側のブレークコードにテンションを加えたり、先行を止めるブレークをする、いわゆる「あて舵」をしなければならない。この動きは初級機ではあまり見られないが、アスペクトの高い上級機では顕著にあらわれるので注意しよう。

出典|
パラグライダー用語辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone