先行(読み)センコウ

デジタル大辞泉の解説

せん‐こう〔‐カウ〕【先行】

[名](スル)

㋐他の人に先だって行くこと。前行。「先行したグループと合流する」「先行部隊」
㋑他の事柄よりも先に進むこと。「実力より人気が先行する」「時代に先行する意見」
先にたって手引きをすること。先導すること。「地元の友人が先行してドライブに出かける」
スポーツの試合などで、相手よりも先に得点すること。始めにリードすること。「母校のチームが二点先行する」「先行馬」
他に先だって行われること。「シンポジウムに先行して講演会を開く」「先行投資」
それ以前に行われていること。「実存主義に先行する思想」「先行法規」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんこう【先行】

( 名 ) スル
他より先に行くこと。 「 -車」 「まず二人だけ-させる」 「理屈ばかりが-する」
それよりも前に行われていること。 「 -の法規を参照する」
スポーツで、相手より先に点をあげ、先手を取ること。 「二点-しながら失策で敗れた」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さき‐いき【先行】

〘名〙
※浄瑠璃・三世相(1686)四「ヤイサ左京悪性者、傾城狂ひが高(こう)じていはれざる比丘尼狂ひ、さきいきがせまいぞ」

さき‐ゆき【先行】

〘名〙
① 先に行くこと。先発。さきいき。
② ゆくすえ。ゆくさき。前途の見通し。また、先へいってよいことがあること。将来繁栄すること。さきいき。
※評判記・色道大鏡(1678)一四「或は後家の年さだ過て、さきゆきすべき比にもあらねば」
さい果て(1964‐71)〈津村節子〉四「贅沢はもとより望まないが、先ゆきいくらか明るい見通しがなければ」
③ 取引市場で、将来の相場の動きをいう。さきいき。
※東京日日新聞‐明治一四年(1881)一一月一四日「味噌、先行思はしからざれども元方高直の為前回より上向なり」

せん‐こう ‥カウ【先行】

〘名〙
① (━する) 他より先に行くこと。先を進むこと。さきだつこと。前行。
令義解(833)公式「別給駅子一人。〈謂。駅子騎馬為先行者〉」
※哲学階梯(1887)〈今井恒郎訳〉一「是に由て見れば断定、即ち思惟は概念に先行せさざるべからず」 〔史記‐淮陰侯伝〕
② (━する) 先にたって案内すること。導くこと。手びき。
※哲学階梯(1887)〈今井恒郎訳〉二「蓋し論理学は凡ての他の学問の先行となるものなるを以て」
③ (━する) 先に行なうこと。
※アパアトの女たちと僕と(1928)〈龍胆寺雄〉八「要するに時代的な公式を先行して示したに過ぎないと云ふのだったが」
④ 以前の行ない。前行。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

先行の関連情報