バンゴール(英語表記)Bangor

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バンゴール
ばんごーる
Bangor

イギリス、ウェールズ北西部、グウィネズ県の都市。メナイ海峡の北端に臨み、対岸にアングルシー島が望める。人口1万2330(1991)。6世紀以来教会を中心に発展してきたが、現在はウェールズ大学(旧ノース・ウェールズ大学)やグラマー・スクールを中心とする学園都市。市役所はチューダー朝時代の建物である。[久保田武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バンゴールの関連情報