バンダナ(英語表記)bandanna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンダナ
bandanna

絞り染めや縞文様,更紗柄の大型ハンカチーフ。民族調のファッションやウェスタン・ルックの装飾用小物として,首に巻いたり頭にかぶったりする。語源はヒンドゥー語のバンドゥヌ (bandhnu) で,絞り染めの一つの方法を意味する。 19世紀後半に労働者たちが身に着けたのをきっかけに一般に普及。最近では 1976年に流行した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

バンダナ【bandanna】

絞り染めまたは更紗サラサ染めのインドの大型のハンカチーフ。スカーフ代わりに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バンダナの関連情報