コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンダレアンザリー Bandar-e Anzalī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンダレアンザリー
Bandar-e Anzalī

イラン北西部,ギーラーン州の港湾都市。旧称バンダレパフラビー,エンゼリー。ラシュトの北西約 20km,カスピ海南岸に臨むイランの主要港で,行楽地としても知られる。住民はイラン人のほか,ロシア人,アルメニア人,カフカス人,トルクメン人もいる。市街は 19世紀初頭に建設され,モルダーブ潟湖のカスピ海への流出口の両側に位置する。港は西の半島と,飛行場のある東のガージアン半島との間の水路に臨むが,水路の水深が不安定で,絶えず浚渫が必要である。東側にある港湾設備は第2次世界大戦中に近代化され,アメリカ合衆国の対ソビエト連邦武器援助が行なわれた。人口 11万643(2006)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

バンダレアンザリーの関連キーワードギーラーン共和国カージャール朝アンザリー潟

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android