バンダレアンザリー(英語表記)Bandar-e Anzalī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「バンダレアンザリー」の解説

バンダレアンザリー
Bandar-e Anzalī

イラン北西部,ギーラーン州港湾都市旧称バンダレパフラビーエンゼリーラシュトの北西約 20km,カスピ海南岸に臨むイランの主要で,行楽地としても知られる。住民はイラン人のほか,ロシア人,アルメニア人,カフカス人,トルクメン人もいる。市街は 19世紀初頭に建設され,モルダーブ潟湖のカスピ海への流出口の両側に位置する。港は西の半島と,飛行場のある東のガージアン半島との間の水路に臨むが,水路の水深が不安定で,絶えず浚渫が必要である。東側にある港湾設備は第2次世界大戦中に近代化され,アメリカ合衆国の対ソビエト連邦武器援助が行なわれた。人口 11万643(2006)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「バンダレアンザリー」の解説

バンダレ‐アンザリー(Bandar-e Anzalī)

イラン北西部、ギーラーン州の港湾都市。カスピ海南西岸に面する。イラン革命以前の旧称はバンダレパフラビー。19世紀初頭にロシアが貿易港を置き、のちにイラン北部最大の港になった。エンゼリー。アンザリー。バンダルアンザリー。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android