コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーチャルコーポレーション ばーちゃるこーぽれーしょん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

バーチャルコーポレーション

ネットワークを利用して必要な人材や技術、ノウハウ外部から調達し組織化することで、ビジネスを展開する企業形態のこと。仮想企業とも呼ぶ。近年、イントラネットエクストラネットなどのコンピューターネットワークの発達により、事業に必要な中核となる能力以外は、外部の能力を利用するといった業務形態も増えつつある。バーチャルコーポレーションの利点として、「コストを削減できる」「意思決定までの速度の向上が期待できる」などがあげられる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

バーチャル‐コーポレーション(virtual corporation)

仮想企業。提携を結んだ企業がネットワークなどを利用し、共同してビジネスを行うこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

バーチャルコーポレーションの関連キーワードリエンジニアリングインターネット

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android