コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーチャルコーポレーション ばーちゃるこーぽれーしょん

2件 の用語解説(バーチャルコーポレーションの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

バーチャルコーポレーション

ネットワークを利用して必要な人材や技術、ノウハウを外部から調達し組織化することで、ビジネスを展開する企業形態のこと。仮想企業とも呼ぶ。近年、イントラネットエクストラネットなどのコンピューターネットワークの発達により、事業に必要な中核となる能力以外は、外部の能力を利用するといった業務形態も増えつつある。バーチャルコーポレーションの利点として、「コストを削減できる」「意思決定までの速度の向上が期待できる」などがあげられる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

バーチャル‐コーポレーション(virtual corporation)

仮想企業。提携を結んだ企業がネットワークなどを利用し、共同してビジネスを行うこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バーチャルコーポレーションの関連キーワードインターネットワーキングソケットネットワークアーキテクチャーネットワーク犯罪インハウスネットワーク社会的ネットワークスポンサードネットワーク電子ネットワークネットワーカーネットワークコンピューター

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone