高質(読み)こうじち

世界大百科事典 第2版の解説

こうじち【高質】

中世社会の貸借関係において,債権者が債務者の債務不履行の際,その動産を私的に差し押さえる行為を高質をとるという。年貢・公事などの請負契約において,滞納にもとづく差押え行為にももちいられるが,一般的には借状・出挙状などの担保文言に多くみられる。これらの貸借契約状には,契約不履行の場合,債務額に相当するものを,債権者が債務者を見つけしだい,市場,湊,路次,権門勢家の領内など,いかなる場所であっても高質としてとってもかまわないの担保文言が記されるものがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐じち カウ‥【高質】

〘名〙 債権者が債務者に対して強制的に質取すること。
※菅浦文書‐嘉元三年(1305)二月一二日・菅浦村人等連署借状「雖何ケ度、彼用途相当程可見合高質物者也」
※東寺百合文書‐を・応永五年(1398)一一月三日・浄密等連署畠地請文「見合ひのかうしちをもとられ申候へく候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高質の関連情報