バーチャル・ユニバーシティ

大学事典の解説

バーチャル・ユニバーシティ

バーチャルは,実物ではないが,それと同じような効果があるという意味で,コンピュータが,物理的には存在しないものを,あるがごときに現出させた状態をバーチャル・リアリティ(仮想現実)という。バーチャル・ユニバーシティは,その仮想現実に依拠した大学である。といっても,完全に実物の大学全体をバーチャル化したものは存在せず,インターネットを活用したeラーニング主体とする大学,あるいは既存の大学が一部で提供するオンラインプログラムを称している。バーチャル・ユニバーシティはそうした大学を指す普通名詞であるが,アフリカン・バーチャル・ユニバーシティのように自大学の名称に用いている場合もある。本来は実物と同じ効果があるというだけの意味であるから,遠隔大学全般に用いることが可能であり,1960年代に設立され,世界で初めて放送の活用で成功を収めたイギリスのオープン・ユニバーシティ(イギリス)を,世界最初のバーチャル・ユニバーシティということもある。
著者: 舘 

出典 平凡社「大学事典」大学事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android