コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーツラフ広場 バーツラフヒロバ

2件 の用語解説(バーツラフ広場の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

バーツラフ‐ひろば【バーツラフ広場】

Václavské náměstí》チェコ共和国の首都プラハの中心部、新市街にある広場。長さ約700メートル、幅約60メートルの縦長の造りで、ホテルデパート、高級レストランが並ぶプラハ随一の繁華街。14世紀半ば、ボヘミアカレル1世(神聖ローマ皇帝カール4世)の新市街建設の際に造られ、19世紀半ばにボヘミアの守護聖人、聖バーツラフの名がつけられた。1960年代末のプラハの春において集会や演説が行われ、ソ連軍が戦車を乗り入れて占拠したほか、1989年のビロード革命の際にも、多数の市民が集まったことで知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バーツラフ広場
ばーつらふひろば
Valavsk Nmste

チェコの首都プラハの繁華街。ブルタバ川の右岸にある。1348年カレル4世が新市街建設のときつくった広場で、1848年までは馬市場といわれていた。ボヘミアの守護聖人、聖バーツラフVclav(907ころ―929。ボヘミア大公)の石像(1680年の作)があった。名称はこれに由来する。現在の騎馬像は1912年の作。騎馬像からスタレー・ムニェスト(旧市街)のナ・プシーコペ通りに至るまで、長さ750メートル、幅60メートルに及ぶ。各種の商店やホテル、企業の事務所が並ぶ。1989年11月の体制転換の際にも数十万の市民が民主化を要求して集まるなど、国家的事件の舞台ともなっている。[中田 瑞穂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バーツラフ広場の関連キーワードチェコチェコ事件チェヒマーハモラバチェコスロバキア共産党プラハ城マラーストラナ広場チェコ・ガラスチェコ共和国

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone