コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーラタ族 バーラタぞくBhārata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーラタ族
バーラタぞく
Bhārata

インド,『リグ・ベーダ』時代の有力な部族。サラスバティー川とヤムナー川との間に定住した。叙事詩『マハーバーラタ』は,この部族の後裔たちの争いを主題としたもの。この物語からインド人は,インドのことをバーラタバルシャ (バーラタ族の国) ,バーラタ,現代語でバーラト Bhāratと呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android