コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーレーン要塞 バーレーンヨウサイ

1件 の用語解説(バーレーン要塞の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

バーレーン‐ようさい〔‐エウサイ〕【バーレーン要塞】

Qala'at al-Bahrain》バーレーンにある遺跡。首都マナーマの西約5キロメートルバーレーン島北部に位置し、ペルシア湾に面する。14世紀にアラブ人が築いた砦(とりで)の跡に、16世紀にポルトガル人が現在の要塞を建造。20世紀半ばに発掘調査が始まった。メソポタミア文明インダス文明を結ぶ交易の要衝として、少なくとも紀元前2300年頃には栄えていたと見られ、古代都市ディルムンがあった場所と考えられている。2005年に「バーレーン要塞、ディルムンの古代の港と首都」の名称で世界遺産文化遺産)に登録された。カラートアルバーレーン

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

バーレーン要塞の関連キーワードバーレーンバーレーンバーレーンの要覧

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone