コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーレーン要塞 バーレーンヨウサイ

デジタル大辞泉の解説

バーレーン‐ようさい〔‐エウサイ〕【バーレーン要塞】

Qala'at al-Bahrain》バーレーンにある遺跡。首都マナーマの西約5キロメートル、バーレーン島北部に位置し、ペルシア湾に面する。14世紀にアラブ人が築いた砦(とりで)の跡に、16世紀にポルトガル人が現在の要塞を建造。20世紀半ばに発掘調査が始まった。メソポタミア文明インダス文明を結ぶ交易の要衝として、少なくとも紀元前2300年頃には栄えていたと見られ、古代都市ディルムンがあった場所と考えられている。2005年に「バーレーン要塞、ディルムンの古代の港と首都」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。カラートアルバーレーン

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

バーレーン要塞の関連キーワードバーレーンアラード要塞サンジル要塞アジュルン城アラッド要塞バーレーンバーレーンの要覧世界のおもな博物館

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android