パイル病(読み)パイルびょう(英語表記)Payr's disease

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パイル病
パイルびょう
Payr's disease

ドイツの外科医 E.パイル (1871~1946) が記載した (1905) 良性腸狭窄症。脾弯曲部症候群ともいう。腸管自体には病変がないが,内臓下垂の一現象として,横行結腸の下垂があるため,下行結腸への移行部,特に脾弯曲部は過度の鋭角屈曲を形成し,癒着も生じる。このために,結腸の狭窄,腸内容の通過障害が起る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android