コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パイル病 パイルびょうPayr's disease

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パイル病
パイルびょう
Payr's disease

ドイツの外科医 E.パイル (1871~1946) が記載した (1905) 良性腸狭窄症。脾弯曲部症候群ともいう。腸管自体には病変がないが,内臓下垂の一現象として,横行結腸の下垂があるため,下行結腸への移行部,特に脾弯曲部は過度の鋭角屈曲を形成し,癒着も生じる。このために,結腸の狭窄,腸内容の通過障害が起る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

パイル病の関連キーワード廃藩置県マーシャルインターナショナル新教育高田藩北海道開拓郵便切手日本科学史(年表)インターナショナル(音楽)田畑勝手作許可

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android