コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横行結腸 オウコウケッチョウ

栄養・生化学辞典の解説

横行結腸

 大の一部である結腸のうち腹部上部の部分で,管が体軸に対して横になっている部分.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内の横行結腸の言及

【大腸】より

…【玉手 英夫】
【ヒトの大腸】
 大腸は小腸につづく消化管の最終の部分であって,小腸に比べ太いためこの名がある。大腸は盲腸cecum,結腸colon(上行結腸,横行結腸,下行結腸,S状結腸),直腸rectumに分けられる(図1)。その長さは個体差はあるが成人では約1.5mである。…

※「横行結腸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

横行結腸の関連キーワードしぶり腹(テネスムス/裏急後重)食道、胃、腸のしくみとはたらき直腸、肛門のしくみとはたらき腸間膜動脈・静脈回腸横行結腸吻合人工肛門の知識横隔膜ヘルニア巨大結腸症大腸切除術大腸がん結腸がん消化器官胆嚢がん坂口良子パイル病結腸癌腸間膜胃がん消化膵臓

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android