横行結腸(読み)オウコウケッチョウ

精選版 日本国語大辞典の解説

おうこう‐けっちょう ワウカウケッチャウ【横行結腸】

〘名〙 大腸の一部。上行結腸と下行結腸とを結び胃の下を右から左へ水平に走る。〔解剖辞書(1875)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の横行結腸の言及

【大腸】より

…【玉手 英夫】
【ヒトの大腸】
 大腸は小腸につづく消化管の最終の部分であって,小腸に比べ太いためこの名がある。大腸は盲腸cecum,結腸colon(上行結腸,横行結腸,下行結腸,S状結腸),直腸rectumに分けられる(図1)。その長さは個体差はあるが成人では約1.5mである。…

※「横行結腸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報