コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パウルス・マケドニクス パウルス・マケドニクスPaullus Macedonicus, Lucius Aemilius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パウルス・マケドニクス
Paullus Macedonicus, Lucius Aemilius

[生]前229頃
[没]前160
古代ローマの軍人。スキピオ・アエミリアヌス (小スキピオ) の父。按察官 (アエディリス ) ,卜占官を経て,前 191年法務官 (プラエトル ) ,前 182年執政官 (コンスル ) 。ルシタニア,リグリアに転戦。前 168年再度執政官となり第3次マケドニア戦争を終結させ (→ピュドナの戦い ) ,マケドニア王ペルセウスを捕虜とした。そのためマケドニクスと称された。次いでギリシアのエピルスを鎮圧した。ヘレニズム的教養をもった理想のローマ人とされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

パウルス・マケドニクスの関連キーワードペルセウス[マケドニア王]

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android