コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パキスタン音楽 パキスタンおんがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パキスタン音楽
パキスタンおんがく

北インド音楽圏に属する。北インドでは,インドにイスラム教徒が入って以来,ヒンドゥー的要素とイスラム的要素の混り合った独自の音楽を作り出したが,古典音楽はその北インドの音楽とまったく同じものである。民俗音楽は,パキスタン独自のものがありパシュトゥーン人 (アフガン人) の民謡などは有名。楽器も北インドで用いられているものと同じであるが,今日インドではあまり使用されなくなりつつあるサリンダなどの弓奏楽器とその音楽はここでむしろ発展している。また舞踊も,北インドで広く行われているカタックが盛んである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

パキスタン音楽の関連キーワードパシュトゥーン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パキスタン音楽の関連情報