パシュトー語(読み)パシュトーご

大辞林 第三版の解説

パシュトーご【パシュトー語】

インド-ヨーロッパ語族イラン語派に属する言語。アフガニスタンにおける公用語の一。ソフト-パシュトーとハード-パシュトーの二大方言がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パシュトー語
ぱしゅとーご

インド・ヨーロッパ語族のイラン語派に属する言語で、アフガニスタンの国語、公用語。アフガニスタンの東部と南部、およびパキスタンの北西辺境州に居住する約1200万人のパシュトゥン人(アフガン人)の言語で、表記にはアラビア語系ペルシア文字32字と、パシュトー語固有の音を表す8字が用いられている。アフガニスタンのカンダハールとパキスタンのペシャワルを中心とする二つの方言群に分かれている。イラン語派の東方系に属するパシュトー語の名詞に男性、女性の区別などがあり、イラン語派のなかでは古い形を保持している言語である。文学作品として17世紀以前のものは現存しないとされていたが、11世紀作の詩が発見された。またパシュトー・アカデミーが設立され、積極的に研究、出版活動が行われている。
 なおアフガニスタンでは、パシュトー語のほかに、ダリ語とよばれるペルシア語も公用語の一つになっている。[黒柳恒男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android