パソコンリサイクル法(読み)パソコンリサイクルほう

IT用語がわかる辞典の解説

パソコンリサイクルほう【パソコンリサイクル法】

パソコンやディスプレー回収と再資源化をメーカーに義務付けた法律通称。平成15年(2003)に施行された改正資源有効利用促進法パソコンに関する追加条項を指す。家庭向けに販売された自社製品を対象とし、プリンタースキャナーなどの周辺機器は対象外になっている。◇「PCリサイクル法」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

パソコンリサイクル‐ほう〔‐ハフ〕【パソコンリサイクル法】

自社製品のパソコンやディスプレーなどの回収と再資源化をメーカーに義務付けた法律の通称。具体的には「資源の有効な利用の促進に関する法律」に基づき、平成15年(2003)に改正されたパソコンに関する省令を指す。PCリサイクル法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

パソコンリサイクル法

正式名は資源有効利用促進法。2003年10月に施行された、パソコンメーカーに対してパソコンの回収義務を定めた法律。消費者は回収時、メーカーに回収再資源化料金を支払わなければならない。ちなみに、プリンターやスキャナーなどの周辺機器やワープロ専用機、PDAなどは回収の対象外である。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android