コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パソコンリサイクル法 ぱそこんりさいくるほう

4件 の用語解説(パソコンリサイクル法の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

パソコンリサイクル法

正式名は資源有効利用促進法。2003年10月に施行された、パソコンメーカーに対してパソコンの回収義務を定めた法律。消費者は回収時、メーカーに回収再資源化料金を支払わなければならない。ちなみに、プリンタースキャナーなどの周辺機器ワープロ専用機、PDAなどは回収の対象外である。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

パソコンリサイクル‐ほう〔‐ハフ〕【パソコンリサイクル法】

自社製品のパソコンやディスプレーなどの回収と再資源化をメーカーに義務付けた法律の通称。具体的には「資源の有効な利用の促進に関する法律」に基づき、平成15年(2003)に改正されたパソコンに関する省令を指す。PCリサイクル法

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

パソコンリサイクルほう【パソコンリサイクル法】

パソコンやディスプレーの回収と再資源化をメーカーに義務付けた法律の通称。平成15年(2003)に施行された改正資源有効利用促進法のパソコンに関する追加条項を指す。家庭向けに販売された自社製品を対象とし、プリンターやスキャナーなどの周辺機器は対象外になっている。◇「PCリサイクル法」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パソコンリサイクル法
ぱそこんりさいくるほう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンリサイクル法の関連キーワード一体型パソコンディスプレイグラフィックディスプレーELディスプレーカラーディスプレーフラットパネルディスプレーRetinaディスプレー

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone