コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パタヤー Phatthaya

世界大百科事典 第2版の解説

パタヤー【Phatthaya】

タイ中部,チョンブリー県の都市。人口3万4867(1980)。タイ湾(シャム湾)東岸に位置するタイ最大の観光地の一つ。漁業,農業を営む一寒村にすぎなかったパタヤーは,ベトナム戦争中の1960年代から急速に観光開発が進み,世界中に知られる保養地となった。日系資本のホテルなどが海岸線に沿って林立し,観光開発に伴うさまざまな問題が発生している。【田辺 繁治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パタヤーの関連情報