コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パチャママ Pachamama

世界大百科事典 第2版の解説

パチャママ【Pachamama】

アンデス原住民(ケチュアアイマラなど)に信仰される霊的存在。〈大地,母〉と訳される。女性的性質を有しており,聖母マリアと同一視されることもある。農作物・家畜の豊饒,繁殖にかかわる力としてあがめられ,1年周期の一定の時に,酒,コカの葉,香料,獣脂などの供物を受ける。とくに8月は〈大地が生き返るとき〉として,供物儀礼が重要。供物による〈養い〉を怠ると,パチャママの力は人間に対し破壊的に働く。【友枝 啓泰】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のパチャママの言及

【ラテン・アメリカ】より

…そこではアンデスの土着の習俗が温存されるだけにとどまらず,マリアをはじめとして多くの聖人,さらに悪魔(サタン)が彼らのパンテオンに加わり,以前にまして豊かな彩りを添えた。 インカの民の子孫ケチュア・インディオの大多数は農民で,地母神のパチャママへの信心を中心とする多神教polytheismである。アンデス地方にインカ帝国が君臨すると,太陽崇拝をインカの国教と定めたが,それは支配層と一部のエリートの宗教であったし,インカの後に到来したキリスト教も権力側からの押しつけの宗教であった。…

※「パチャママ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

パチャママの関連キーワードインカ文化

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android