コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パテル・パトリアエ pater patriae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パテル・パトリアエ
pater patriae

古代ローマにおいて付与された「国父」を意味する尊称。 L.カチリナの陰謀事件に対して,カチリナ弾劾演説を行なった M.キケロが前 63年,元老院より与えられたのが最初である。ユリウス・カエサルが前 45年,ムンダの戦いのあと与えられたパレンス・パトリアエ parens patriaeもほぼ類似の尊称であり,アウグスツスは元老院,騎士身分 (エクイテス ) ,全ローマ市民より前2年,この栄誉を受け,その後ペルチナクス (在位 193) までの歴代皇帝もおおむねこれを受けている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android