コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パテル・パトリアエ パテル・パトリアエ pater patriae

1件 の用語解説(パテル・パトリアエの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パテル・パトリアエ
パテル・パトリアエ
pater patriae

古代ローマにおいて付与された「国父」を意味する尊称。 L.カチリナの陰謀事件に対して,カチリナ弾劾演説を行なった M.キケロが前 63年,元老院より与えられたのが最初である。ユリウスカエサルが前 45年,ムンダの戦いのあと与えられたパレンス・パトリアエ parens patriaeもほぼ類似の尊称であり,アウグスツスは元老院,騎士身分 (エクイテス ) ,全ローマ市民より前2年,この栄誉を受け,その後ペルチナクス (在位 193) までの歴代皇帝もおおむねこれを受けている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パテル・パトリアエの関連キーワード家父国父ナポカパラティーノの丘ローマ風呂古代ローマ帝国古代ローマの航跡をたどれ古代ローマ人の格言プライバシーマーク(Pマーク)クリア(古代ローマ)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone