栄誉(読み)エイヨ

  • 栄誉 えいよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1603-1678 江戸時代前期の僧。
慶長8年生まれ。土佐(高知県)の石見(いわみ)寺で出家。のち大和(奈良県)の真言宗長谷寺でまなぶ。春日局にまねかれ3代将軍徳川家光の護持僧をつとめる。寛永13年春日局が寄進した江戸根生院の住職となった。延宝6年2月10日死去。76歳。土佐出身。字(あざな)は文秀。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 すぐれたものと認められる名誉。また、へりくだった表現として、敬うべき相手に対して、ある物事をすることの名誉。
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉四「貞永式目〈略〉能く時世に適し後の政府までも永く之に拠らしめたるは編者の栄誉と云ふべし」 〔常建‐漁浦詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

栄誉の関連情報