パテント(読み)ぱてんと

  • patent

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (patent) 特許。専売特許。特許権。
※中外新聞外篇‐慶応四年(1868)五月「所謂西洋に於ける公許(パテント)本局と称すべきもの即是なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のパテントの言及

【特許】より

…この点で,営業許可や公物使用の許可(たとえば,道路交通法77条による道路使用許可)のような,単に禁止の解除をもたらすにとどまる許可と,上記のような特許とを区別する実際上の意味がある。行政行為許可【小早川 光郎】
【無体財産法上の特許】
 工業所有権の一種で,新規な発明に対して付与される独占権であり,英語でpatent(パテント)という。実用新案意匠商標とともに特許庁の管轄事項で,ほぼ共通した手続により権利が付与される。…

※「パテント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android