コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

専売特許 センバイトッキョ

デジタル大辞泉の解説

せんばい‐とっきょ〔‐トクキヨ〕【専売特許】

特許旧称
その人だけが得意とする技術・方法など。特技。おはこ。「古い歌謡曲なら彼の専売特許だ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せんばいとっきょ【専売特許】

発明にかかわる物等の独占的販売権に関する官許のことである。この語は,1885年に制定された〈専売特許条例〉に由来する。この条例は,現在の特許法の前身であり,発明品の販売権だけではなく製造権等の独占権に関するものである。この条例自体は88年に改正され,特許条例となった。したがって専売特許条例という法律が存続したのは3年余りにすぎないが,専売特許の語は,独占的販売権の官許を指すものとして,その後も一般に用いられてきた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せんばいとっきょ【専売特許】

特許の旧称。
ある人が特に得意としたり癖となっているやり方。おはこ。 「その芸は彼の-だ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

専売特許
せんばいとっきょ

1885年(明治18)に制定された「専売特許条例」に由来する語であり、特許を受けた発明品を他人に無断で製作・使用・販売させない特権をいう。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

専売特許の関連キーワードサンゴバン・ポンタムッソン[会社]オルタナティブモダン五十嵐 善孝浅野 吉次郎末武 安次郎田原 良純寺田清三郎末武安次郎津田米次郎五十嵐善孝真崎 照郷豊田佐吉大石 保現代革命臥雲辰致高橋是清内田三平渡辺良斉発明の日真崎照郷

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

専売特許の関連情報