パナテナイア祭(読み)パナテナイアさい(英語表記)Panathenaia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パナテナイア祭
パナテナイアさい
Panathenaia

古代ギリシアのアテネで,毎年7~8月にあたるヘカトンバイオン月の 28日に行われた,都市の守護女神としてアクロポリスに祀られたアテナ女神の祭り。行進,犠牲式,競技会などが行われ,刺繍された聖衣ペプロスが車輪のついた船の帆柱に掲げられて運ばれ,女神に奉献された。行進の模様は,パルテノン神殿のフリーズの浮彫にいきいきと表わされている。犠牲獣の肉は市民たちに配給され,競技の勝者にはアンフォラに入ったオリーブ油が賞品として与えられた。4年ごとの祭りは,大祭として特に盛大に行われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android