コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パネクーク Anton Pannekoek

1件 の用語解説(パネクークの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

パネクーク【Anton Pannekoek】

1873‐1960
オランダ天文学者社会主義者。銀河の構造と星の大気の研究で国際的評価をうける。1905年ドイツ社会民主党に招かれ,14年まで滞在し,教育・理論活動に従事。この間オランダの党分裂やカウツキーとの論争を通じて,左翼急進主義の形成に寄与。第1次大戦からドイツ革命期にかけて,両国の左翼共産主義者の理論的支柱として活躍。25年アムステルダム大学教授。60年代末に彼のレーニン批判と評議会思想が再び注目される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

パネクークの関連キーワードメタボリズム安保闘争朝鮮映画電子工業日本社会党韓国市民運動農家経済第5世代コンピューターR.E.M.

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone