コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パネクーク Anton Pannekoek

1件 の用語解説(パネクークの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

パネクーク【Anton Pannekoek】

1873‐1960
オランダ天文学者社会主義者。銀河の構造と星の大気の研究で国際的評価をうける。1905年ドイツ社会民主党に招かれ,14年まで滞在し,教育・理論活動に従事。この間オランダの党分裂やカウツキーとの論争を通じて,左翼急進主義の形成に寄与。第1次大戦からドイツ革命期にかけて,両国の左翼共産主義者の理論的支柱として活躍。25年アムステルダム大学教授。60年代末に彼のレーニン批判と評議会思想が再び注目される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パネクークの関連キーワードオランダ語オランダ商館オランダ通詞オランダ屋敷イギリスオランダ戦争オランダ芥子オランダ坂オランダ渡りダッチオランダの犯罪

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone